キャッシング当日する人に教えたいマル秘テクニック|キャッシング料金ナビMZ46

キャッシング恐怖症

私の知人に、キャッシングの沼にハマった方がいます。

最初は少ない金額のキャッシングだったのですが、段々と借入する金額も増え、限度額まで達すると他の会社のカードを発行する、と繰り返していました。

その知人は、借入したお金の大半をギャンブルにつぎ込んでいました。

借入したお金をギャンブルで使い、返済期限が近づくと返済分がない事に気づき、また他の所でキャッシングして、それを返済にあてる…と繰り返していた所、もう自分自信でも一体総額いくらの借金があるかも見当つかないほどの金額になっていたそうです。

そんな知人を間近で見ていたせいか、私自信どれだけお金に余裕がない時でも、キャッシングをするのが怖いと感じるようになりました。その知人は、その後自己破産して絵に書いたような転落人生を送っていました。

キャッシングカードを使って後悔をした

体調不良が原因で、継続的に外出して働くことが難しくなってしまい、母親や友人、恋人にお金を借りるのも心苦しくどうにかならないかと考えていた時、使用していた銀行のカードがキャッシングにも対応していることを知りました。

限度額が30万ということ、毎月の利息が1万円であることを考え、今月だけならと使用をしました。

結果的に使用をして助かっていますが、いつ借金を返済できるのかの目処はたっていませんし、家族や友人、恋人にキャッシングをして携帯代を支払っているだとか、交遊費にあてているなどとは口が裂けても言えません。少しだけキャッシングカードを使用していることを後悔しています。

カードローンについてのちょっとした知識

カードローンは車や教育ローンなどの生活する中で重要な役割を果たしてくれるローンです。

主に銀行やクレジットカードのローンが利用できます。

こちらのカードは審査が厳しいので、消費者金融から借り入れをしている方は融資を受けるのが難しいです。

キャッシングは、クレジットカードでも利用できます。

また、クレジットカードのキャッシングで足りなくなってしまった方達にも融資してくれるところがあるのが消費者金融です。

どこの会社も借り入れ件数が多い人には、融資してくれるのは難しいです。

借り入れ件数を少なくして、生活していく中で少し足りない金額だけを借りたほうがいいと思います。

学生カードローンガイド-親バレせずに安心して借りられる即日融資はココ!
http://xn--lck0c6eya6bc4731eqmf0pnns3c.com/
学生 カードローン

どうして住宅ローンに影響すると言われているの?20

住宅ローンを借りようとする時には色々とこちらの金融信用情報を調べられることになります。

具体的にはキャッシングなどの履歴も見られるようになります。過去の借り入れは兎も角として、問題は現在です。

現在、借り入れをしているのであれば住宅ローンの審査で不利になる可能性は高いです。

これは返済能力に問題がある、と判断される可能性があるからです。お金を借りている、というのはそうした状態なのです。これは覚悟しておくべきです。

金融の信用情報とは?SC33

金融信用情報とは、自分の今までの借り入れの履歴や現在の借り入れ額や或いは収入などのことを指します。

要するに総合的な返済能力であり、信用度でもあります。

リスクがある人には貸したくない、と考えるのは実に当たり前であり、金融機関に関してはこうしたことを調べる方法を持っていますから、申請をする時に偽ってしまうとそれだけで不許可になりますから、注意することです。これまでの経済活動、金融行為の履歴と言えるわけです。

信用情報には何が記載される?OO

金融信用情報自体にはどんなことが書かれているのか、といいますとこれまでの信用取引などの履歴です。

クレジットカードの履歴やキャッシング枠の利用、或いは他の金融機関から借りているお金に関する情報などです。

これはプライバシーに関係する情報ではないのか、と考えるかもしれませんが、これがないとそもそもその人の正確な金融信用情報を得られないので特別な機関が情報を集約して持っているのは許されています。指定信用情報機関といいます。

一般人でも自分の信用情報を確認できる?FJ

こうした情報を自分で機関に問い合わせて聞く、というのは不可能です。

但し、そもそも自分が借りているお金や利用したカードのことですから、把握することは不可能ではないです。

自分のことであるわけですから、金額や履歴に関しては調べようがあります。但し、それが金融機関からどのような評価を受けているのか、というのはわからないです。その基準が意外と業者によって違ってくることがあるからです。同じレベルの金融信用情報でも受け付けてくれるところとそうでないところがあります。

おまとめローンとはrg64

家賃に生活費、急な出費で毎月お給料は右から左へ……。

「今月だけだから」「少額だけだから」と、ついつい手軽なキャッシングに手を出し、気づけば借り入れは数社から。

返済しているつもりなのに、なぜか借金はなかなか減らない……!

こんな生活、いったいいつまで続ければいいの?!

そこでご紹介したいのが「おまとめローン」です。

その名の通り、あなたのローンを一つにまとめてしまいましょう!

もしあなたが

「A社の返済が月末で、その次がB社の引落し……ああ!足りない!仕方ないからC社でいったん借りてB社への返済にあてて……」

と悩んだ事があるなら、是非おまとめローンのご利用をおすすめします。

例えば、

 ■A社に30万円、B社に20万円、C社に30万円の合計80万円の借り入れがあり、

 3社にそれぞれ毎月3万円ずつ返済

このケースですと、毎月9万円が返済に消えてしまいます。

これをおまとめローンにすると、

 ■金利の安いD社から80万を借り、A社・B社・C社にそれぞれ一括でローン完済。

 今後はD社にのみ、月4万ずつ返済

いかがですか?

数社から借入があるというプレッシャーと、毎月の支払額の重さ。

その両方が、いっきに軽減されるわけです。

更に、一括返済ならば、利息の支払でなかなか元本が減らない……なんてこともなくなります。

もちろん借金の額が減るわけではないのですが、いったん整理されることで、長期的な資金計画も立て直しやすくなると思います。

返済に追われる毎日から抜け出す方法として、おまとめローンを上手に利用してみてはいかがでしょうか。